※これが見えている方には影響はありません↑

Angels Connextion 2 ~蒼夜に抱かれた天使(よるにだかれたてんし)


概要

【著者】:鷲尾滋瑠
【表紙画/挿絵】:魔木子
【作品初出】1995年12月
 茜新社刊:書き下ろし単行本
【電子書籍版元】茜新社
【レーベル】オヴィスノベルズ
【配信デバイス】
ケータイ・iPad・iPhone・iPod-touch
Androidスマホ&タブレット端末
(+2014年からPC配信予定)

他のACシリーズ

・AC1『天使は闇に踊る』
・AC3『熱沙の挿話』
・AC4『暁の仮面祝祭』
・AC5『ゴシック・ゲーム』

STORY


ニューヨークを拠点に世界に事業を展開する巨大企業グループ『レイノルズ』の若き総裁ケン&ジョーは、義兄弟であると同時に、肉体関係をもつ史上最強の恋人同士だ。
 そして、彼らは裏組織である新興のアメリカ・マフィア『ジェネラル』の最高権力者でもあった…。
 真夏のある日、ケンの父の旧友の画家ディビッド・ジョンソンが個展を開いた。多忙な仕事の合間に時間を割いて画廊に赴いたケンとジョーは、ロビーで一人の紳士と出会う。
 肩が触れ合い転倒した紳士は、ケンを見て呟いた。「エンジェル…」と。
 その理由はまもなく判明した。個展の目玉ともいえる絵画の名称が、ケンをモデルにした『蒼夜に抱かれた天使』だったのだ。
 それからまもなく、ケンは些細なことでジョーと口論になり、別荘に彼を置き去りにして行方をくらませた。
 当然ながら心配し苛立つジョー。そんな彼の元に、事故にあった形跡のあるケンのバイク発見の知らせが入った。
 しかも、ほぼ同時にデビッドジョンソンに絵画『蒼夜に抱かれた天使』が盗難にあったと泣きつかれ、ジョーは思わず天を仰いだ。
 一方、車との接触事故で軽傷を負ったケンは、偶然にも画廊で出会った紳士に助けられ、手厚く保護される。
 事情を知った紳士はケンに同情し、彼を匿うことを承知した。
 しかし、それは紳士の謀略だった。
 時間をおいて冷静になったケンがジョーの元に戻ろうと決意した途端、紳士の態度が豹変した。

※書き下ろし単行本よりも大幅に加筆した完全版